岩手の釣り・釣果情報(1月12日更新)

岩手県の釣果情報 2023年1月12日

(アイナメ)
〈宮古市〉重茂半島周辺ではボート釣りで35~47cmクラスが1人0~20匹。テキサスリグを使用し、ワームはグラブ系、シャッド系。マゾイ[標準和名:キツネメバル]も交じる。
(ヤリイカ)
〈宮古市〉宮古沖では胴長20~35cmクラスが1人0~100杯。
〈大船渡市〉綾里沖では胴長25~35cmクラスが1人0~50杯。
いずれも船釣りで、10~30号のメタルスッテを使用。スルメイカも交じる。
(ナメタガレイ[標準和名:ババガレイ])
〈宮古市〉重茂沖では38~50cmクラスが1人0~3枚。
〈大船渡市〉綾里沖では35~57cmクラスが1人0~7枚。ムシガレイも交じる。
いずれも船釣りで、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。
(ムシガレイ)
〈宮古市〉宮古沖では20~35cmクラスが1人0~10枚。
〈大船渡市〉越喜来沖では23~35cmクラスが1人0~10枚。
いずれも船釣りで、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。
(ウスメバル)
〈大船渡市〉綾里沖では船釣りで20~30cmクラスが1人0~70匹。胴突き5~7本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サバの切り身。スケトウダラも交じる。
(マダラ)
〈宮古市〉重茂沖では50~80cmクラスが1人0~12匹。
〈大船渡市〉越喜来沖ではで50~80cmクラスが1人0~3匹。
いずれも船釣りで、胴突き5~7本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サンマの切り身。マゾイ[標準和名:キツネメバル]も交じる。

岩手県の釣果情報一覧はコチラから!

WRITER

釣り東北WEB編集部

株式会社釣り東北社

記事一覧へ

「釣り東北WEB」の運営、取材、撮影、編集、映像制作をメインに行う。他、ワカサギの穴、トラウトステージといった東北で人気ジャンルの別冊を刊行。

株式会社 釣り東北社
〒010-1617 秋田市新屋松美ガ丘東町7の4
TEL 018-824-1590
https://tsuri-tohoku.com/

記事を探す

魚種から探す