1. HOME
  2. ブログ
  3. 秋田の釣り・釣果情報(12月20日更新)

秋田の釣り・釣果情報(12月20日更新)

秋田県の釣果情報 2019年12月20日

(ハタハタ)
〈八峰町〉五能線沿線の各漁港、地磯ではサビキ釣りで16~22cmクラスが1人0~100匹。
〈由利本荘市〉道川~本荘周辺の各漁港ではサビキ釣りで16~22cmクラスが1人0~80匹。
いずれもサビキ釣り。
※秋田県内でのハタハタ釣りでは、竿釣り、手釣り、手づかみなどによる採捕に限り、
素針(針にエサやバケなど何も付けていない状態)、カニ篭、トローリング、潜水器具、ガラ掛け、タモ網などでの採捕は禁止。秋田県漁連では15cm以下を再放流を呼びかけている。また、各港湾の立入禁止区域には絶対に立ち入らないこと。なお、近年ハタハタ釣りにおけるマナーの悪さが目立ち、その影響で釣り禁止のエリアが増えている。ゴミを捨てない、漁業者の作業の邪魔にならないようにするなどマナーを徹底しよう。
(ワラサ/ブリ)
〈八峰町〉五能線沿線の各地磯ではルアー釣りで75~95cmクラスが1人0~2匹。ミノー、シンキングペンシル、40~60gのメタルジグを使用。
(マイワシ)
〈男鹿市〉椿漁港ではサビキ釣りで15~20cmクラスが1人0~80匹。
(クロダイ)
〈男鹿市〉入道崎~船川周辺の各地磯、沖磯、港湾ではウキフカセ釣りで35~45cmクラスが1人0~3匹。エサはオキアミ、ネリエサ。
(タカノハガレイ[標準和名:ヌマガレイ])
〈男鹿市、潟上市〉船越水道周辺では投げ釣り、チョイ投げ釣りで25~35cmクラスが1人0~2枚。片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。ハゼも交じる。
(メバル)
〈能代市〉能代港周辺では13~15cmクラスが1人0~10匹。クロソイも交じる。
〈男鹿市〉戸賀~船川周辺の各港湾では13~18cmクラスが1人0~15匹。
いずれもルアー釣りで、ジグヘッドリグを使用しワームはピンテール系。
秋田県の釣果情報一覧はコチラから!
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事