新潟の釣り・釣果情報(9月27日更新)

新潟の釣り・釣果情報 2022年9月27日

(マハゼ)
〈新潟市〉阿賀野川下流ではチョイ投げ釣りで10~20cmクラスが1人0~15匹。片天ビン1~2本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ、ジャリメ。
(アオリイカ)
〈村上市〉笹川流れ一帯の各地磯、漁港では胴長13~20cmクラスが1人0~20杯。
〈聖籠町〉新潟東港周辺では胴長12~16cmクラスが1人0~5杯。
 いずれもエギングで、2.5~3.5号のエギを使用。
(アジ)
〈村上市〉岩船周辺の各漁港ではルアー釣りで15~27cmクラスが1人0~15匹。ジグヘッドリグを使用し、ワームはピンテール系。
(シロギス)
〈胎内市〉村松浜周辺の各サーフでは投げ釣りで13~20cmクラスが1人0~60匹。片天ビン3~8本針仕掛けを使用し、エサはジャリメ。
(サワラ)
〈聖籠町〉新潟東港沖ではジギングで2~3.8kgクラスが1人0~20匹。100~180gのメタルジグを使用。アジ、サバも交じる。
(マダイ)
〈聖籠町〉新潟東港沖ではジギングまたはラバージギングで40~60cmクラスが1人0~5匹。80~150gのメタルジグ、鯛カブラを使用。アマダイ、キジハタも交じる。
(ウスメバル)
〈村上市〉粟島沖では船釣りで20~31cmクラスが1人0~100匹。胴突き5~7本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サバの切り身。アラ、サバも交じる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次