• 日. 8月 14th, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

岩手の釣り・釣果情報(9月18日更新)

岩手県の釣果情報 2020年9月18日

(アジ)
〈洋野町〉種市周辺の各漁港ではサビキ釣りで10~18cmクラスが1人0~40匹。
(イナダ/ワラサ)
〈宮古市〉宮古沖では35~65cmクラスが1人0~7匹。サワラも交じる。
〈大船渡市〉崎浜沖では78~84cmクラスが1人0~3匹。シイラも交じる。
いずれもジギングで、100~200gのメタルジグを使用。
(ヒラメ)
〈洋野町〉種市沖ではジギングで40~88cmクラスが1人0~3枚。130~200gのメタルジグを使用。ホウボウも交じる。
〈宮古市〉宮古沖では船釣りで40~65cmクラスが1人0~2枚。胴突き1本針仕掛けを使用し、エサは活きイワシ。イナダ、クロソイも交じる。
(タチウオ)
〈南三陸町〉歌津沖ではジギングで90~110cmクラスが1人0~5匹。100~150gのメタルジグを使用。
(スルメイカ)
〈大船渡市〉越喜来沖では胴長20~35cmクラスが1人0~30杯。20~30号のメタルスッテを使用。

岩手県の釣果情報一覧はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA