• 金. 8月 12th, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

宮城の釣り・釣果情報(6月29日更新)

宮城県の釣果情報 2022年6月29日

 

(テナガエビ)
〈仙台市、名取市〉貞山堀ではミャク釣りで13~20cmクラスが1人0~10匹。のべ竿1本針仕掛けを使用し、エサはアカムシ、魚肉ソーセージ。
(メバル)
〈七ヶ浜町〉七ヶ浜周辺の各漁港ではルアー釣りで10~20cmクラスが1人0~5匹。ミノーを使用。
(フッコ/スズキ)
〈石巻市〉北上川下流・旧北上川では45~65cmクラスが1人0~4匹。
〈仙台市〉七北田川下流では40~55cmクラスが1人0~5匹。
〈亘理町〉阿武隈川下流では60~70cmクラスが1人0~2匹。
 いずれもルアー釣りで、ミノー、シンキングペンシルを使用。
(マゴチ)
〈仙台市〉七北田川河口周辺の各サーフでは25~50cmクラスが1人0~6匹。
〈名取市、岩沼市〉仙南サーフでは40~50cmクラスが1人0~2匹。
 いずれもルアー釣りで、ジグヘッドリグ、バイブレーション、30~40gのメタルジグを使用。ジグヘッドリグの場合、ワームはシャッド系。
(アイナメ)
〈女川町〉女川周辺の各地磯ではルアー釣りで30~40cmクラスが1人0~3匹。テキサスリグを使用し、ワームはシャッド系。
〈同〉女川沖ではボート釣りで25~48cmクラスが1人0~5匹。テキサスリグを使用し、ワームはグラブ系、シャッド系。
(マガレイ)
〈塩釜市〉仙台湾・大型漁礁周辺では25~50cmクラスが1人0~20枚。
〈亘理町〉亘理沖では16~40cmクラスが1人0~40枚。
 いずれも船釣りで、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。マコガレイ、イシガレイも交じる。
(マコガレイ)
〈南三陸町〉志津川湾では20~46cmクラスが1人0~40枚。
〈女川町〉女川沖では20~38cmクラスが1人0~30枚。
 いずれも船釣りで、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。
(マダイ)
〈塩釜市〉仙台湾・大型漁礁周辺ではジギングまたはラバージギングで40~60cmクラスが1人0~1匹。45~80gのメタルジグ、鯛カブラを使用。
〈同〉仙台湾・大型漁礁周辺では船釣りで45~86cmクラスが1人0~2匹。5~15号のテンヤを使用し、エサは冷凍エビ。タチウオ、ホウボウも交じる。
(ヒラメ)
〈南三陸町〉志津川沖では30~67cmクラスが1人0~10枚。
〈亘理町〉閖上沖では35~93cmクラスが1人0~4枚。
 いずれも船釣りで、胴突き1本針仕掛けを使用し、エサは活きイワシ。マゾイ[標準和名:キツネメバル]も交じる。

 

宮城県の釣果情報一覧はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA