• 月. 5月 23rd, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

【連載】外ご飯を食べたい!②シングルバーナーの紹介

Bytsuri-tohoku

2月 15, 2022

皆さんは釣行時にどんな食事をしていますか? 簡単に手早く食べられるコンビニ飯や、近くに飲食店がある場合は、そちらを利用するのも魅力ですね。そして本連載で提案したいのは、シングルバーナー(ストーブ)やコンロを使用して、フィールドで温かい食事を楽しむ術です。第2回は前回紹介したOD缶に対応するオススメガスストーブの紹介をします。

まずは予備知識としてOD缶(アウトドア缶)、CB缶(カセットボンベ缶)にはそれぞれに対応する専用のバーナーを用意する必要があります。また、メーカーではガスカートリッジとバーナーは、安全面の観点からも同一メーカーで揃えることを推奨しているので購入の際は注意が必要です。

◎プリムス「115フェムトストーブ」

OD缶に対応するガスストーブ。点火装置付きでたったの57gと超軽量コンパクトで、携行するのが苦にならないサイズです。渓流釣行など荷物を増やしたくない釣りなどにオススメです。(115フェムトストーブ・P-115(コンロ) PRIMUSプリムス公式サイト|イワタニ・プリムス株式会社 (iwatani-primus.co.jp)

◎SOTO「レギュレーターストーブST-310」

CB缶対応のガスストーブ。外気温が低下しても高火力を出すマイクロレギュレーター機能搭載モデル。コンパクトに折り畳めますが、やや嵩張るため、車中泊や移動の少ない釣りと相性が良いでしょう。(レギュレーターストーブ ST-310 | SOTO | OutDoor Gear (shinfuji.co.jp)

どちらも点火装置付きの便利なものですが、万が一の故障、低気温下では機能しないなどのトラブルも想定し、100円ライター(フリント式=火打ち石タイプ)を一緒に持っておくと良いでしょう。

次回はオススメのクッカー(コッヘル)の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA