1. HOME
  2. 釣りGUIDE
  3. 「2018シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権全国大会」開催

釣りGUIDE

FISHING GUIDE

「2018シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権全国大会」開催

去る平成30年11月17~18日(土、日)長崎県五島市・五島列島・福江島福江地区の磯にて「2018シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権全国大会」[(株)シマノ]が開催された。 全国14会場で行われた予選、セミファイナルを勝ち上がった17名と昨年度全国大会上位3名のシード選手にインストラクター選抜戦上位4名を加えた総勢24名の選手が参集。昨年度より設けた寸法制限なしの7匹の総重量を競う新ルールにより匹数制限を設けたことで、より良型を揃えることに重点が置かれるルールとなった。予選は5試合行われ、決勝には過去2度の優勝経験を持つ友松信彦インストラクターと着実に釣果を重ねてきた竹石航太選手が進出。決勝戦は友松選手が昨シーズンより導入した「LIMITED PRO PE G5+サスペンド」によるPE釣法で、ウキ止めなしの沈め探り釣りでまずは足の裏サイズのメジナをキープ。対する竹石選手はウキ0号、潮の強さに合わせてジワジワと沈むようにガン玉で微調整するセッティング。竹石選手は40cm超のメジナをキャッチして応戦。その5分後には友松選手が40cm超をキャッチし、3匹目、4匹目と釣果を伸ばす。前半終了間際に竹石選手も良型を追加した。後半戦は開始1投目からキャッチし、立て続けにヒットを重ねて7匹のリミットメイク。竹石選手も応戦したが無念のタイムアップ。結果トータル3,983gで友松信彦選手が6年振り3度目に頂点へと立った。上位入賞者は次の通り(敬称略)。

優勝:友松信彦(神奈川県)
準優勝:竹石航太(神奈川県)
3位:田中修司(大分県)


上位入賞者。左から準優勝/竹石、優勝/友松、3位/田中選手


全国から参集した24名の精鋭


良型をヒットさせる友松信彦選手