1. HOME
  2. 注目記事
  3. ◎秋田県内で知らずに犯しやすい県条例違反

注目記事

注目記事

◎秋田県内で知らずに犯しやすい県条例違反

・能代市・米代川、秋田市・雄物川、由利本荘市・子吉川などの河口海側半径1kmはサケ・サクラマスの採捕が県条例(漁業調整規則)で禁止されています。シーバス、ヒラメ、アジなどを狙うにしても両魚の遡上が盛んな時期は、保護の観点は勿論、密漁行為と間違われやすいので自粛しましょう。サケの遡上最盛期は10~11月、サクラマスの遡上最盛期は3~5月ですが、これ以外の時期でも釣れる可能性はありますので、万が一釣れてしまった際は速やかにリリースして下さい。

・秋田市・雄物川岩見川合流付近(合流点より雄物川下流500m地点から上流100mまでの区間)は魚類を含む水産動物の採捕自体が通年禁止されていますので、サクラマスは勿論、リバーシーバスなどを狙う行為も禁止です。

・男鹿市・船越水道の鉄橋から上流の防潮水門までの区域は1月1日~8月31日の期間、水産動物の採捕が禁止されていますので、シーバス、ハゼ、カレイなど魚種問わず釣りはできません。9月1日から12月31日までは釣りが可能ですが、もしサケが釣れた時はリリースしてください。