• 月. 5月 23rd, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

1月26日桧原湖早稲沢氷上釣行速報!

Bytsuri-tohoku

1月 26, 2022

以下、ダイワワカサギ最前線ブロガー、安藤隆弘さんレポート!(Facebookより)


 桧原湖の氷上はまだ部分解禁だが、自身の桧原湖氷上を初解禁! いつもの早稲沢エリアからエントリー。今年は当歳魚が例年以上に多いことから最速の氷上テント10束超えを期待し、この時期は誰もやらないであろうポイント、水深3.8メーターの浅場へ。が、期待したほどの爆発力はなく、さすがにまだ時期が早かったよう。それでも朝のラッシュもあり400匹オーバーとなった。

やはり朝イチのダイワ「速攻夜光留」は効果抜群で時速120匹という爆発力を見せてくれた。陽が昇ってからの「速攻赤留」と、北部エリアの底に密集した当歳魚にはやっぱり「速攻ショート7本針」もバッチリ。お昼頃からの食い渋りには「速攻鉄板フロロ」の細かな誘いでプランクトン 捕食のワカサギに効果的にアピール。当歳魚対策で針サイズはいずれも0.5号の小針をセレクトした。

タナは、ボトムから1mくらいまで群れが入っている状況。基本的には底ダナ狙いで、アタリが出るペースを見ながらミャク釣りとフカセ釣りを組み合わせたが、時にはさらに効率、活性・食いを上げるため、オモリを1m程度浮かせ、群れの反応を上ずらせることもあった。

情報、写真提供:安藤隆弘氏

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=4842516572522021&id=100002911773650&sfnsn=mo

水深3.8メーターの浅場にて
桧原湖北部の早稲沢エリア。氷の状態も良くなってきた
釣果と使用した仕掛け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA