• 月. 5月 23rd, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

三陸沿岸に巨大なマイワシの群れ! 低海水温が原因?

 3月に入ってから岩手県宮古市~釜石市周辺の各港湾にマイワシの大群が押し寄せている。

釜石市平田漁港の浅場には、海面一杯にマイワシの姿が見えた

 地元釣具店「つり具オヤマ」さんによると、親潮に乗って三陸沖に冷たい海水温の塊が流入し、マイワシは温度の高い水域を求めて、小河川の流れ込みなどに集結したのではないかとのこと。

3月24日の表面海水温の状態。確かに宮古付近から宮城県境付近まで5度以下の水温になっている

 目の前に魚群が見える状況は、釣り人にとって滅多にないチャンス。取材した平田漁港ではマイワシを釣り上げて歓声を上げて喜ぶ子供たちの姿も見えて和やかな雰囲気だった。

20~28cm程度の型揃い。サビキ仕掛けで釣るだけでなく、タモ網で掬う凄腕のベテランも…(笑)

 この状態がいつまで続くのかは予想が付かないものの、この時期の三陸方面では決して珍しいことではなく、むしろ地球温暖化の流れをリセットする効果も考えられ、三陸ならではの生態系の維持が見込めるのではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA