• 月. 5月 23rd, 2022

「釣り東北Web」

釣り東北公式サイト。東北6県と新潟県の最新の釣果情報などをリアルタイムでお届けいたします。

激釣&大好評!男鹿ナマハゲロックフィッシュフェスティバル

参加者、スタッフが一瞬だけマスクを外しての集合した1コマ。メッチャ楽しい1日でした!

 令和4年4月30日、秋田県の男鹿半島をフィールドとして「男鹿ナマハゲロックフィッシュフェスティバル」が開催された。前日の午後から風雨に見舞われたが、日付が変わった頃から天候が一変、爽やかな快晴に恵まれた。

茨城県から「ハンター塩津」こと塩津紀彦氏が駆けつけ、フェスティバルは盛り上がりを見せた。

 午前5時の受付を済ませた参加者の皆様は思い思いのポイントに移動、オカッパリ部門とボート部門に分かれ、ルアー釣りによるロックフィッシュ(アイナメ、ソイ、メバルなどの根魚)の1匹重量を競った。

 スタッフは前日までの海況から苦戦を危惧していたが、午前11時の検量開始時刻になると検量所には次々と魚が持ち込まれ、見事な魚体が姿を現す度に歓声が上がった。

この日のMAX重量を叩き出したナイスフィッシュ!
こちらもナイスサイズのカサゴ。男鹿はこんな魚が棲息している魅力あふれるフィールドだ!
中には乗っ込みシーズン間近でビッグなクロダイも登場! 

 全員の検量が終わると抽選会が行われ、ピュア・フィッシング・ジャパン提供の「アブガルシア ロックスイーパー ERSC-777H-ML」がハンター塩津氏から当選者に贈られた。

 またボートの部でご協力頂いた、お馴染みのエビちゃんからプレゼントも!

おめでとうございま~す!

 マスクに隠れているものの、ラッキー賞が当たって満面の笑みであることは一目瞭然(笑)。

 

 また、男鹿市の道の駅オガーレに隣接した釣具店「つりショップ海風」様のご厚意により、参加者全員に男鹿名物「ぎぶり」「とろっとわかめ」がプレゼントされた。

 表彰式には菅原広二男鹿市長よりご挨拶を頂き、プレゼンテーターまでして頂きました。

 こうして事故もなく大いに盛り上がった「男鹿ナマハゲロックフィッシュフェスティバル」は、盛況のうちに幕を閉じた。熱いマインドを持った参加者の皆様、そしてご協力頂いた皆様、心より感謝申し上げます。好評に付きまた来年も開催の予定ですのでご期待下さい!

皆さんの男鹿釣行をナマハゲが待っている!!

なお、各部門の各賞該当者は5月25日発売の「釣り東北&新潟 6月号」にて掲載させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA