1. HOME
  2. ブログ
  3. 岩手の釣り・釣果情報(11月18日更新)

岩手の釣り・釣果情報(11月18日更新)

岩手県の釣果情報 2020年11月18日

(アジ)
〈陸前高田市〉広田周辺の各漁港ではサビキ釣りで8~12cmクラスが1人0~50匹。
(ヤリイカ)
〈大船渡市〉越喜来沖では船釣りで胴長15~25cmクラスが1人0~20杯。8~15号のメタルスッテを使用。
(スルメイカ)
〈大船渡市〉崎浜沖では船釣りで胴長25~40cmクラスが1人0~80杯。10~30号のメタルスッテを使用。
(イナダ/ワラサ)
〈大船渡市〉崎浜沖ではジギングで50~75cmクラスが1人0~10匹。200~300gのメタルジグを使用。サワラも交じる。
(マコガレイ)
〈宮古市〉宮古沖では船釣りで25~40cmクラスが1人0~20枚。片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。ホウボウも交じる。
(ムシガレイ)
〈大船渡市〉小石浜沖では船釣りで23~30cmクラスが1人0~10枚。片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。アイナメも交じる。
(マダラ)
〈宮古市〉重茂沖では50~85cmクラスが1人0~6匹。クロソイ、ドンコも交じる。
〈大船渡市〉越喜来沖では1~5kgクラスが1人0~10匹。サワラも交じる。
いずれも船釣りで、胴突き3~5本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サンマの切り身を使用。
(ウスメバル)
〈宮古市〉宮古沖では20~35cmクラスが1人0~40匹。
〈大船渡市〉越喜来沖では20~28cmクラスが1人0~70匹。
いずれも船釣りで、胴突き5~7本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サンマの切り身を使用。クロソイ、カサゴも交じる。

岩手県の釣果情報一覧はコチラから!
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事