1. HOME
  2. ブログ
  3. 宮城の釣り・釣果情報(2月17日更新)

宮城の釣り・釣果情報(2月17日更新)

宮城県の釣果情報 2021年2月17日

(ワカサギ)
〈栗原市〉花山湖のドーム船では4~10cmクラスが1人0~530匹。胴突き5~7本針仕掛けを使用し、エサはチーズ白サシ。
(アイナメ)
〈石巻市〉雄勝周辺の各漁港では泳がせ釣りで35~50cmクラスが1人0~2匹。胴突き1本針仕掛けを使用し、エサは活きイワシ。クロソイも交じる。
(マガレイ)
〈塩釜市〉仙台湾・大型漁礁周辺では20~35cmクラスが1人0~50枚。
〈亘理町〉亘理沖では16~35cmクラスが1人0~25枚。
 いずれも船釣りで、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。マコガレイ、イシガレイも交じる。
(マコガレイ)
〈女川町〉女川沖では25~45cmクラスが1人0~5枚。
〈南三陸町〉志津川湾では23~46cmクラスが1人0~15枚。
 いずれも不熱売で、片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。アイナメも交じる。
(マダラ)
〈女川町〉女川沖では50~70cmクラスが1人0~3匹。
〈塩釜市〉塩釜沖では3~6kgクラスが1人0~5匹。
 いずれもジギングで、150~250gのメタルジグを使用。スケトウダラも交じる。
(メバル)
〈南三陸町〉志津川沖では20~35cmクラスが1人0~80匹。
〈塩釜市〉仙台湾・大型漁礁周辺では18~30cmクラスが1人0~90匹。
 いずれも船釣りで、胴突き5~10本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サンマの切り身。アイナメも交じる。
(ウスメバル)
〈亘理町〉亘理沖では船釣りで18~40cmクラスが1人0~80匹。胴突き5~10本針仕掛けを使用し、エサはイカ短冊、サンマの切り身。マダラ、マゾイ[標準和名:キツネメバル]も交じる。

 

宮城県の釣果情報一覧はコチラから!
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事